足むずむず症候群を治す3つの方法

足がむずむずピクピク虫が這うような感覚、『足むずむず症候群』を治す3つの方法とは …?スムージングマッサージクリームの使い方もお伝えします。
MENU

足がむずむずピクピク虫が這うような感覚を治す3つの方法とは

 

○あなたはこんな経験がありませんか。

 

夜になり、ひと段落してリラックスタイム。そして椅子に座ってくつろいだその時、足に虫が這うような感覚がある経験はありませんか。じっとしていられず、しばらく足を動かしてみると、だんだんとその足がむずむずする感覚が改善し、治る経験もありませんか。

 

これはいったいなんなのでしょうか。人によっては、この足に虫が這うような感覚におびえている人もいます。重症化するとなかなか入眠できず、不眠障害に陥ったり、心身が不安定になってしまい、通院するなんてことにもなりかねません。

 

実は、この足がむずむずする症状は、病気なのです。別名をレストレスレッグス症候群といいます。虫が這うような感覚が、静かになったときに限って起こる症状です。足に限らず、腕、顔、お腹回りといった箇所にこのむずむず感があります。

 

この足むずむず症候群を治す方法はあるのでしょうか。その原因と症状について、もっと深く掘り下げます。

 

 

○なぜ、このような症状になるのでしょうか。

 

ヒントとなるのが、リラックスした時に、この足がむずむずするということです。

 

じっとしていたり、就寝時に限ってこの症状が起きるのは、実は、脳に原因があります。

 

脳内のドーパミンが正常に働いていないことが大きな原因となります。

 

ドーパミンとは、神経伝達物質です。アドレナリン、ノルアドレナリンに大きくかかわります。ドーパミン神経は、人の「快感」を操っています。快感から、意欲といったこの部分が正常に動いていない時に、この足のむずむず症候群が起こるのです。

 

症例があります。足に虫が這うような感覚をいだいたある人が、この症状のため、不眠症になってしまい、日常生活を送る事が困難になるまで悪化してしまいました。

 

就寝して間もなく起こる、足がむずむずする感覚がストレスとなり、遂には、皮膚科・整形外科・内科と病院を回るのですが、一向に改善しません。そして、心をわずらってしまった結果、精神科に出向いた所、そこで転機が起きました。

 

 

○どんな人がなりやすいのか

 

統計を見たとき、主に女性が罹り易いと分かりました。さらに、もっと検査をしてみると、貧血を起こしやすい人や、元々血圧の低い人に多いと分かりました。鉄不足になりやすい女性に、足に虫が這うような感覚を起こす症状が見られるという結果がでました。

 

それでは、この症状を治すための3つの方法を伝授します。

 

足のむずむずを治す方法その1として、自分で出来る治し方があります。

 

治療というよりは、日頃の予防を心がけるところから始まります。

 

まずは鉄分補給に努めましょう。鉄分の多い食物を摂取することです。

 

たとえば、レバー、牛肉などの肉類をしっかり摂りましょう。カルシウムの多い牛乳な土と一緒に摂ると効果は倍増です。

 

もし、食物で摂取するのが難しければ、そのときは、サプリメントで補給するといいと思います。

 

では、あまり取らないほうがいいものを紹介します。

 

それは、カフェインです。鉄分と結合して排出してしまうため、血圧異常や貧血を起こしてしまう要素を含んでいます。また、アルコールやたばこも控えたほうがいいでしょう。

 

体操療法もいいです。主に全身をしっかりと柔軟体操します。日中は、ウォーキングをし、夜はストレッチをして足がむずむずする症状を抑えましょう。

 

次に、あえて脳を刺激するということがあります。リラックスタイムの時に、パズルゲームやオセロ、インターネットをして脳に汗をかく事が、症状緩和に役立つようです。

 

ここまでは自分で出来る治す方法をお話ししましたが、これは、予防法といっていいかもしれません。

 

日頃の努力が大切なので、実際に緊急性を感じているあなたであったら、きっと日常を改善する時間は無いかと思います。

 

そこで、足のむずむずを治す方法その2として、通院があります。

 

足がむずむずするので、一度は皮膚科と思うかもしれませんが、かゆみ止めのクリームをもらうくらいでしょう。それでは根本的に治すことは難しいです。

 

そこで、脳や神経を専門とする神経内科や睡眠障害を扱っている精神科にいくことをオススメします。処方はビ・シフロール錠です。

 

ただ、病院に行くというのは、薬のリスクも心配ですし、病院に行くことに気持ちが乗らないということも考えられます。回りの目も気になりますからね。

 

そこでオススメなのが、最後の方法です。自宅で出来て効果の高いスムージングマッサージクリームです。

 

スムージングマッサージクリームとは

足がむずむずしたら、このクリームを塗ってください。足に虫が這うような感覚を早急に緩和し、体操やストレッチをすることなく、低価格で手間や労力がかからず、すっと塗るだけのクリームです。足のむずむずは、ドーパミンという脳内の伝達物質が低下したことに起因します。

 

だから、根本的には脳内のドーパミンの影響があなたの足をむずむずしているので、すぐにストレッチや体操、運動等、その場しのぎの努力をしたところで、すぐに改善することはないのです。

 

そこで、スムージングマッサージクリームの出番なのです。

 

 

○なぜ、スムージングマッサージクリームなのか

 

理由のその1は、足にある神経をメントールで刺激をブロックします。小さな刺激でも敏感に脳に伝達してしまう、足のむずむず症候群は、まず、足の神経を緩和させることからです。

 

このクリームに配合されたメンソールでヒヤッとさせて刺激を落ち着かせます。

 

理由その2は、配合されている成分が皮膚の奥深くに浸透し、血液を通して、あなたが現状で足りない成分を毎日補ってくれます。

 

アミノ酸、鉄分、葉酸、カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンCが栄養素としてふんだんに含まれています。特に、アミノ酸です。ドーパミンはこのアミノ酸を使って、ドーパミンを生成します。

 

そして鉄分です。ドーパミンの生成に必要です。中々鉄分は、吸収が難しいといわれますが、スムージングマッサージクリームは超微粒子化してあるので、しっかりと行き届きます。

 

理由その3は、皮下組織まで浸透するため、皮膚の内側も足のむずむずに耐えられるだけの力を宿す事ができるのです。

 

夜になって足に虫が這うような感覚に襲われ、不快感と不安から開放されるかもしれません。たった、少しのスムージングマッサージクリームを毎日塗るだけで。

 

まずは実感してください。

 

足の爽快感、そして足のむずむず感がすっきり取れた感覚を。

 

日々の生活に支障をきたしていた足むずむず症候群は、たったこのクリームだけで改善できるかもしれません。たくさんの人から大反響の声があります。夜に眠れるようになった、心からリラックスして生活できるようになった、さじを投げず、諦めないでよかったと、多くの方から喜びの声をもらっています。

 

さあ、次はあなたです。

 

使用方法は簡単です。本当に塗るだけです。

 

今まで苦労していたあの、足のむずむず感から開放されます。

 

夜になって、ほっと一息のリラックスタイム。美味しいお酒を飲みながら、椅子に座ります。ふとあなたは思い出すかもしれません。

 

あの足に虫が這うような感覚が、昔あったことを。

 

今すぐ、まずは試してみてください。あなたの人生を大きく変えるかもしれない、スムージングクリームマッサージをまずは使ってみてください。

 

論より証拠です。

 

今すぐご使用下さい。

このページの先頭へ